「Web3的」とは何か?成長産業に波乗りできる人の3つの共通点

web3.0

“Web3的“って何?

タメヒロ
タメヒロ

“Web3的“とは何かを具体的な内容からあなたが成長産業で波乗りできるポイントをお答えします。

「つまらない仕事をやめて楽に生活したい」と考えたことはありますよね。

あなたがそう感じているのは、自分の時間を使って働いた割にお金を稼げていないからではないでしょうか。

たとえば、朝から満員電車に乗って9時に出社して、つまらない会議やメールに追われて夜21時に退社する生活の割に給料が一向に上がらない。そんな毎日から抜け出したいと思いますよね。

仮にそんな生活をして年収1,000万円を超えることなど一部の外資企業しかありません。

 

そんな毎日から抜け出して成長産業に波乗りしたいですよね。

危うく一生懸命生きるところだったと、損する生き方まで回避できるかもしれません。

なぜなら、“Web3的“を学ぶとこれからどんな人が必要となるのかわかるから。

たとえば、あなたが損する生き方を自分で選ぶなら良いのですが、できれば損しない生き方をしてみたくありませんか?

サラリーマンとして飼い慣らされていると思わぬタイミングでいきなり足切りにあう可能性が高くなります。

 

もしあなたが生き方で悩んでいるなら、まずブログを徹底的に読み返しましょう。

学びを見直すことで失敗する確率を下げることができます。

むしろ学びを加速させる3つのポイントをわかりやすく解説します。

「あの時やっておけばよかった…」とやらないで後悔する経験をしてほしくないので、必ず漏れのないようにチェックしておきましょう。

Web3とは?

Web3とは、自由な生き方のことです。

元々Web2はインターネットの登場で世界のどこでも均一な情報を収集できることで人々が自由を手にするはずであった。

しかし、現実はGAFAMが世界の中心を握り、その制限された範囲で生きる世の中。

たとえば、Twitter、Instagram、TikTok、YouTubeというSNSで双方向のやり取りをすることが生活の一部となったのもGAFAMが世界の中心となったから。

個人情報を搾取し、個人の自由を奪うことで世界はGAFAMの手のひらで踊らされる。

資本主義ではお金を稼ぐことが正義であるが、権力を自己利益のためだけに使うのではなく、他者利益のために使うことが必要だという暴動から生まれたのがWeb3である。

たとえば、ビットコインはサトシナカモトが2008年にブロックチェーンという技術を論文発表し、2009年にブロックチェーン技術を作って生まれたものがビットコイン。

ビットコインが生まれてまだ14年だが、世界中で監視するシステムで自由に運用している世界共通のお金が世界の中心になりつつある。

なぜなら、アメリカのあらゆる金融のプロがビットコインの価値を評価し、価値が高くなると報告しています

たとえば、以下の通りです。

・世界の金融機関や大富豪は将来1BTC=1億円を超えると予想しています。

2030年にビットコインが1億円になると予想【アーク社】

・NFT専業家のイケハヤ氏も1BTC=2,000万円にはなるだろうと想定しています

・時価総額は44兆円を突破

・世界の全通貨では、14位の位置に

・エルサルバドル共和国、中央アフリカで法定通貨に認定

などなど……

世界経済をまわす金融のプロ・あらゆる国家が無視できない存在にまで成長しています。

つまり、本来の自由を手にする人が作り上げた生き方こそWeb3である。

Web3的って何?

Web3的とは、生き方がどのように変化するのかを示すモノです。

より詳しく説明すると、

Web3的は単に字面だけだと単に“的“がついているだけですが、これは重要なポイントである。

Web3的とは、Web3がもたらす社会の変化、人間関係の変化の全体的なモノを示す。

参照:「Web3的」とは何か?人々の倫理や哲学、価値観や文化は、これから…(鳥井弘文氏)

 

生き方の変化はあなたのライフスタイルが決めるモノですが、このライフスタイルそのものが変化した「ライフスタンス」が重要になる。

なぜなら、ライフスタイルは今までテンプレートの世界から決める選択肢のことを指すが、Web3という新しい概念が生まれて世界が仮想通貨、NFT、メタバースなどの今までにない生き方も選べるようになったことで生まれたのがライフスタンスだから。

たとえば、こんな考え方で今まで生きていませんか?

高校生が大学生になるのは、大学生にならないと会社の採用で不利になるから。

大学生がサラリーマンになるのは、大学はサラリーマン以外の選択肢で生きられるスキルを身につける場所でなく、会社に採用されやすい評価を得るための場所だから。

サラリーマンで働くのは、給料以外に自分の力で収入を得るための時間やスキルがないから。

実はぼくもそうやって思って生きてきました。

学校では1つの正解を求めてその訓練をしてきたのに、社会に出ると正解が複数ある問いを考え続けるギャップに苦しみました。

しかし、そうやって日本で生きるというテンプレートの生き方(大学を経てサラリーマンになる人生)から、好きな生き方を選べる選択肢を増やすことができるWeb3という世の中に変わっています。

世界のWeb3市場とは?

世界のWeb3市場は、仮想通貨取引所の問題、NFTの取り締まり、インフレ政策によって厳しい状況になっています。

なぜなら、Web3市場は成長産業なので稼げることがわかったから。

たとえば、2021年にアメリカでNFTバブルが起こった。

2022年2月には「CryptoPunk #5822」が2370万ドル(約34億円)で売却されるなど、億円単位のNFTプロジェクトが多数出現し、2022年第一四半期までに異常な盛り上がりを見せた。

参照:The Block

今年1月、NFT市場の取引額は172億ドル(約2兆5.8億円)と大幅に上回った。

しかし、その後市場は急減速。

9月はわずか4億6690万ドル(約700億円)まで落ち込んでいる。NFTの取引量は一時期の1/36まで低下した。

そんな中、日本のWeb3市場はこれから伸びてきます。

なぜなら、日本でWeb3市場はまだ出来上がっておらず、これから市場が作られるから。

https://twitter.com/ihayato/status/1590092997487919105?s=61&t=Uh1c3YrS0sPZWopq0dDNbA

直近でもFTX(仮想通貨取引所)が倒産になったことで仮想通貨全体が大ダメージを受けた。

そこで投資家は、仮想通貨と連動してNFTの価格に影響するため、手持ちのNFTを売って損益をカバーすることが基本である。

しかし、日本のNFT市場は仮想通貨ば暴落していても国内No.1NFTプロジェクトであるCNPが買われ続けている。

仮想通貨が暴落したこと(相対的価値)よりも応援投資(絶対的価値)の文化が育った異常な市場にアメリカの投資家も大注目しています。

日本のWeb3市場が伸びる理由

日本のWeb3市場は伸びると断言できます。

なぜなら、日本は世界と対抗できる強いIPを持っているから。

たとえば、ポケモン、スーパーマリオ、ワンピースなど世界を魅了するIPが日本から生まれています。

そのため、日本のWeb3市場は伸びる可能性が非常に高いと断言できます。

日本のWeb3市場が伸びるためには、重要な3つのポイントがあります。

  1. 軽率な行動
  2. 哲学
  3. 文化

知識として学んでおくと何かのタイミングで使えるので、それぞれ詳しく解説していきましょう。

軽率な行動

行動力こそ成長産業で生きるコツ

なぜなら、波に乗りたい人はすでに海に出て波が来る準備をしているから

たとえば、日本人は嫌儲主義(けんもうしゅぎ)を持つ価値観が強い。

たとえば、会社の社長が「今年売上がやばいんですよ」ということはあっても、「今年10億円稼いだよ〜」と周りに言わないですよね。

失敗談は人の共感を得られますが、これだけ稼いだは自慢話に捉えられるので周りから「あの人嫌味いう人だよ」とウワサされます。人間関係により影響するのが嫌儲主義であり、人はそれを嫌います。

しかし、今日本はそんなことを言っていられる状況ではなくなっています。

参照:消費者物価指数(総務省)

他人に好かれようと他人の眼ばかり気にして、なめられないように行動を繰り返すことで平均的な人が誕生します。

そんな人が他人に影響力を与えることはありません。

お金と時間に縛られた人ほど他人になめられたくないプライドが高い。

それよりもと周りのために自分が行った失敗談を話をすることから始めよう

恥ずかしくてもいい、あなたしかできないことが世の中にはたくさんある。

気にするべきは他人の目よりも過去の自分と比べてどれだけ成長したのかという視点。

ウサイン・ボルトが100mを9秒で走るが、あなたでも2倍の18秒くらいであればゴールできる。

つまり、人の能力は2倍以上変わらない。

それよりも軽率な行動する時間を味方につけることこそ最強のレバレッジを活かすコツである。

哲学

「好きなことを仕事に」から「好きな生き方に」が主流になる。

その時に大切なのは、ライフスタイルではなくライフスタンスを決めた生き方が必要になります。

なぜなら、ライフスタイルというテンプレートとして決められた生き方ではなく、ライフスタンスという自由な生き方のOSをアップデートするためのスタンスをあなたが決めることができるから。

たとえば、満員電車に揺られて会社に出勤し、仕事と呼べるモノよりも雑務処理ばかり過ごして慌ててお迎えに行き、子供たちのお世話をする毎日に自分の時間なんて30分すらない生活を過ごしてませんか?

それよりも朝起きた時に「今日はなにしようかな」と考える心に余裕がある生き方の方がステキですよね。

つまり、すべては自分で選択できる範囲と自分ではどうしようもないことを切り分けて考えること。

自分が決める選択範囲を少しずつ広げていくイメージを持とう。

そうやって少しずつカメのように新しいことを広げて進んでいくことが生き方のOSをアップデートすることである。

文化

NFTの世界では日本特有の文化として、応援文化・ガチホ文化が世界から注目されている。

なぜなら、海外の方は影響力を高めようと自分のことしか興味がない、日本人は他人への影響力を広めようとする視座を持つから

たとえば、自分の商品を売り込んで自分はすごい人だと思ってもらうことに一生懸命な人ほど、

自分の影響力を高めようとすればするほど自己満足で終わり、それほど影響力が増えない。

一方で日本人は美徳・徳が高い人ほど、自分のまわりにいる人へ自分が持っている影響力を与えることで後々まわりの人が影響力を増やす活動をしてくれる。

つまり、「誰か1人のために」を1日心がけるといずれ365人の影響力を与える。そのうち1%があなたのコアファンとしてあなたにお返しの影響力を広めてくれる方が影響力は広がり高まっていく。

影響力を誰に向けて与えるのかという文化こそ、日本人が改めて美徳に感じておくべきポイントである。

成長産業で波乗りするポイントまとめ

成長産業で波乗りできる人の共通点が3つあります。

  1. 軽率な行動
  2. 哲学
  3. 文化

生き方は与えられるものではなく、自分で選び決めるからこそ波乗りができる。

何者でもないあなたが活躍する時代に突入した。

そうなんだとここで手を抜いてしまうと、この先5年~10年の生き方が全く違ってくるので、もったいない!

あなたの力を発揮するために時間を味方につけてレバレッジを活かして生きてみよう。

Web3は行動履歴が刻まれるからこそ、そこに人柄や空気感も伝わる。

今まで数値化できないモノを大切にする人たちが活躍できる世界が広がっています。

関連記事:【お得情報】あなたのお金を使わず無料でビットコインがもらえるやり方

web3.0

すぐマネできる"お金のストレスを減らすコツ"を届ける| 「消耗する生き方をやめるコツ」をブログに| 借金3,000万円もあるダメ人間なのにNFT投資家|時価総額+420万円(20ETH超)|100万円をDeFi投資 して複利10万円獲得|900回配信 #ワクワクするweb3ラジオ|フォローで視座が上がる| ノリでいきる|#ICL

ためひろをフォローする
ためひろをフォローする
寝てる間に420万円稼げたweb3ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました