ETH(イーサリアム)を安く購入できる取引所まとめ【損したくない方向け】

お金

NFTを購入するためにETH(イーサリアム)を購入するけど、できる限り安く購入したい。

安心できることも重要だけど、やっぱり安くETHを購入したい!

 

タメヒロ
タメヒロ

そんな風に悩んでいるのではないでしょうか。

今回はETHをできる限り安く購入できる取引所と安く購入するポイントをまとめてみました。

NFTが欲しいからETHが必要。

でも、どこで購入するのか実際は安いのかわからない方に向けてETHを安く購入できるコツをまとめております。

損したくないあなたにとっておきの方法をご紹介しますね。

このブログを最後まで読むとわかること

・ETHを安く購入できる取引所

・ETHを安く購入するコツ

・NFTを購入するための方法

ETHを安く買うコツを知っている人だけがやっていることをお伝えします。

 

ETH(イーサリアム)を安く購入できる取引所

結論として、ETHを安く購入できる取引所は「bitbank(ビットバンク)」です。

その理由は3つのポイントがあります。

その①総取引量

全暗号資産の総取引量が国内取引所で最も多いことが報告されています。

※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

総取引数量が多いということはコインの価格の変動幅を小さくすることができ、

安定的に安くETHを提供できることがポイントです。

その②セキュリティ

第三者機関によるセキュリティ面の評価が一番高いですよ。

※2021年9月2日 CER.live調べ

安くでETHを購入できるのもポイントですが、安心安全に取引できることが前提です。

その点bitbank(ビットバンク)は安さも特徴ながらセキュリティ面も高評価を受けているポイントも特徴ですね。

その③Makerの場合マイナス手数料になる

取引所を利用する際は、一般的にMaker手数料とTaker手数料がかかります。

・Maker…取引板に自分で新しい価格を提示して売買すること

・Taker…取引板にすでに提示されている注文で売買すること

このうちのMaker手数料がbitbankはマイナス手数料になっています。

つまり、マイナス手数料とは、取引で本来かかるはずの手数料がむしろ報奨金としてもらえる仕組みのことです。

ETHを購入して報酬がもらえるなんてラッキーですよね。

ETH(イーサリアム)を安く購入するコツ

ETHを購入する時には販売所と取引所のどちらかで購入することができます。

すぐにETHが必要であれば販売所で購入しましょう。

ですが、安くETHを購入したいのであれば断然「取引所」で購入しましょう。

取引所はあなたが購入したい価格でオファーが可能です。

そのため、その金額で購入できればあなたも納得ですし、安く買えてお得です。

販売所はbitbankがあなたの代わりに現在の価格で購入してくれますが、その分の手数料が必要となります。

つまり、安くでETHを購入したいのであれば、取引所で購入しましょう!

 

手数料を比較する

仮想通貨取引所 取引手数料 入金手数料 出金手数料 送金手数料 トータル手数料下限値
Coincheck 取引所:無料 ・銀行振込:無料
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円(※50万円以上 入金金額×0.11% + 495 円)
407円 0.01ETH 3677円〜
bitbank 取引所:-0.02%(Maker),0.12%(Taker) 銀行振込:無料(銀行手数料お客様負担) 550円/770円(3万円以上) 0.005ETH 1850円〜(+銀行手数料)
BitFlyer 取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: ETH) ・銀行振込:無料(住信SBIネット銀行の場合)or330円(住信SBIネット銀行以外の場合)
・クイック入金:330円
・コンビニ入金:330円
・三井住友銀行の場合
220円(3万円未満)or440円(3万円以上)
・三井住友銀行以外の場合
550円(3万円未満)or770円(3万円以上)
0.005ETH 3970円〜

※1ETH=25万円と仮定して取引手数料、送金手数料を算出しております。

 

まとめ

NFTを手に入れるためにETHを購入するなら、断然「bitbank(ビットバンク)」がおすすめ!

  1. 安くETHを購入することができる
  2. トータル手数料が安い
  3. セキュリティ面が非常に高評価

3つのポイントが揃っている取引所は他にはありません。

とはいえ、bitbankがメンテナンスやネットが集中してアクセスできない可能性があります。

「安いタイミングを逃してETHを購入できなかった…」とならないために

コインチェックビットフライヤーの口座開設も併せてやっておきましょう。

口座開設に必要な情報は同じなので、めんどくないことを何度もしたくない方はこの機会に口座開設といつでもETHを購入できるように入金まで済ませておくことをおすすめします。

初めてのNFTを購入するためにも複数の口座開設を済ませて安いタイミングでETHを購入しておきましょう。

関連記事;【完全初心者向け】たった10分 3ステップでわかるコインチェックの始め方

 

お金使う暗号資産暗号資産の始め方

すぐマネできる"お金のストレスを減らすコツ"を届ける| 「消耗する生き方をやめるコツ」をブログに| 借金3,000万円もあるダメ人間なのにNFT投資家|時価総額+420万円(20ETH超)|100万円をDeFi投資 して複利10万円獲得|900回配信 #ワクワクするweb3ラジオ|フォローで視座が上がる| ノリでいきる|#ICL

ためひろをフォローする
ためひろをフォローする
寝てる間に420万円稼げたweb3ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました